注意

本作品には一部、暴力的表現が含まれていますのでご注意下さい。

OK キャンセル

恋多き男、ホーエンツォレルン橋にて / トテ

ベートーヴェンは恋多き男でした。そこで、数多くの恋人たちが「愛の南京錠」をかけているホーエンツォレルン橋で恋文をしたためているベートーヴェンを描きました。ペンが、5月1日にケルンなどで意中の女性の家の前にたてられる木「マイバウム」になっています。 恋文の文面はベートーヴェンの不滅の恋人への手紙から引用しており、スカーフには彼の好物や恋人の名前を配置するなど、ベートーヴェンへの愛をたくさん込めた作品にしました。

作者プロフィール

トテ

人としてベートーヴェンをとても魅力的だと感じており、ベートーヴェンに関するものを数多く制作しています。



一覧に戻る